2008年02月04日

若いイチゴ生産者の圃場にお邪魔しました

2006年8月30日の記事で紹介した横浜市青葉区でイチゴを生産直売している金子さんから、清水のイチゴ師匠のところに「緊急事態です!イチゴの生育がおかしくて全然収穫量が増えません!」とのSOSが入り、早速師匠にくっついて金子さんの畑にお邪魔をしてきました。

k-1.jpg


横浜といっても青葉区はまだまだ緑地が多く、とても環境の良いところです。
清水より緑が多いかもしれません。

k-2.jpg


生育ステージは頂果房の収穫後期といったところでしたが、チップバーンが多発しており栽培期間のどこかで潅水量が少なかったのではないかという見立てでした。
また、一日の温度管理も高すぎたり、逆に低すぎたりといった細かな調整が今ひとつだったようで、潅水量と温度の調整でこれからは収穫量も順調に伸びてきそうな様子で、事なきを得ました。

k-3.jpg

収穫できる果実が少ないので、お客様に待って頂いている状態。
若い生産者の苦労がうかがえました。

k-4.jpg

販売は既存の300gパックのみならず、少人数の家族や一人暮らしの方に向けて、小さなパックを作るなどかなり工夫されている金子さん。

k-5.jpg

後半戦は順調に収穫が進むことを祈りつつ、帰路につきました。


posted by savegreen administrator at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。