2007年09月10日

微生物農薬のタフパール・タフブロックが適用拡大

「バイオトラスト」と同じ「タラロマイセス・フラバス」を主成分とする「タフパール」「タフブロック」の2剤が、2007年9月5日付で適用拡大されました。

「タフパール」はバイオトラストの液体タイプと考えていいフロアブル剤で、増量剤に食用油を使っていることで「タラロマイセス・フラバス」の萌芽・定着に必要な湿度を保つ効果もありそうです。
また収穫物に対する汚れがほとんどないことや、今回の拡大により低濃度での使用が可能になり薬剤のリッター単価が実質的に下がったことで、徐々に「バイオトラスト」からの切り替えが進むと思われます。

また今回はいちごのみならず、トマト・ミニトマトの葉かび病に適用拡大となったこともニュースです。
いちごにしてもトマトにしても、比較的作期の長い作物の場合、栽培後半に回数制限の関係から使用できる薬剤がなくなってしまうのが問題ですが、回数制限のない「タフパール」のような剤を基幹防除剤として取り入れることで防除プランにゆとりを持つことができます。
今回トマト・ミニトマトの葉かび病に登録になったことで、より広範囲の病害に対応できるようになりました。
耐性菌の発現リスクが極めて低いことも「タフパール」の優位な点と考えます。
タフパール登録内容200709
(登録内容:クリックで拡大します)

タフパールのお求めはSavegreen Web Shopでどうぞ



「タフブロック」は水稲の種子消毒剤として「褐条病」の適用がありましたが、今回の拡大により「ばか苗病」「いもち病」「苗立枯細菌病」「もみ枯れ細菌病」の主要病害に対する登録が取れました。
「ばか苗病」や「もみ枯れ細菌病」は薬剤耐性菌の問題もありますが、「タフブロック」を選ぶことでその問題は回避されるでしょう。
また上記病害に対して催芽時処理の登録を取得したことで、薬剤処理→催芽といった二工程の作業を催芽時に「タフブロック」を処理して一工程に短縮ができ、省力化につながります。

タフブロック登録20070905
(登録内容:クリックで拡大します)

微生物剤は使用環境や薬剤の影響などから「使いにくい」と思われがちでしたが、化学薬剤と同じような使用方法で効果を発揮する剤が出てくることでその優位性を手軽に享受できるようになります。
更に適用拡大されて様々な作物に使用できるようになることを期待しています。
posted by savegreen administrator at 08:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

環境保全型農業 農林水産大臣賞受賞農家さ
Excerpt: 桃太郎トマト 3玉ミディトマト200gファンゴッホ200gミニトマト 100g4つのトマトのセットです!いろんな味が楽しめます!・大玉トマト、中玉トマト、ミニトマト・ミニトマトの山本さん・ ミニトマト..
Weblog: トマトが最高によかった
Tracked: 2007-09-11 00:03