2011年10月07日

平成23年度病害虫発生予察特殊報第1号(ナシ、フモンマダラメイガ)が発令されました。

静岡県病害虫防除所は10月5日付けで、平成23年度病害虫発生予察特殊報第1号(ナシ、フモンマダラメイガ)を発令しました。
病害虫予察特殊報とは県内で未発生だった病害虫が初めて確認された時に発令する予察で、今回はナシのフタモンマダラメイガが平成23 年6 月21 日、志太榛原地域のナシ園において発生が確認されたことで発令されました。(6月21日!?)

予察報の内容はこちら

フタモンマダラメイガは、主にカキ、クリ、リンゴの枝幹を加害する害虫で、ナシの枝幹への加害は、平成11 年に三重県で確認され、それ以降、愛知県、神奈川県、新潟県、山口県でも確認されている。
その他の作物では、平成18 年に山梨県でブドウ、モモ、スモモ、平成20 年に長野県でスモモの枝幹への加害が確認されている。
(静岡県予察特殊報より抜粋)

とのことで、愛媛県の資料に果実への加害状況がわかりやすく解説してあったので紹介します。
ナシのフタモンマダラメイガの被害と防除(愛媛県)

これによれば6〜7月にシンクイムシの防除を行っている園では果実被害が少ないとのことなので、フェニックス顆粒水和剤あたりで防除していれば大きな問題にはならなそうな害虫?


posted by savegreen administrator at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 病害虫防除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。