2011年07月28日

富士宮やきそば学会

昨日は管理人が所属する清水経済人倶楽部の交流サロンがあり、富士宮やきそばをB級グルメの雄に育てた渡辺英彦さん(富士宮やきそば学会会長)のお話をうかがってきました。

富士宮やきそば学会(富士宮で「学会」というと怪しい響きがあるのですが、逆手をとって怪しさを求めたとのこと・・・)ができたのが2000年で、これを機に富士宮やきそばの認知度などが急速に変わっていったことから、この2000年を起源としてそれ以前を旧焼聖書、それ以降を新焼聖書とした「ヤ・キ・ソ・バ・イ・ブ・ル」を作られたり、お金を掛けないキャンペーンを展開すべく「オヤジギャグ」を駆使したコピーやネーミングを発信しまくったりと、マスコミが飛びつくようなアイデアを発信し続けているそうです。

その他も鱒(マス)バーガーや富士宮やきそばにマッチする酒「びんじょう(便乗)しゅ」などなど、全ての力をを町おこしのために注いでいる姿に大変感銘を受けました。


自分たちはメーカーでも業界でもない。ただの市民団体がお金を掛けずにPRするのにはどうしたらいいのか?
一見おふざけのように見える活動の裏には、「町おこし」という骨太な目的とそれを実現するために熟慮された戦略があることがわかりました。

「富士宮やきそば」、かなり手ごわいです!(笑)


posted by savegreen administrator at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。