2010年07月22日

サンクリスタル乳剤の適用拡大

弊社取扱の「サンクリスタル乳剤」が平成22年7月21日付で適用拡大となりました。

拡大内容は下記の通りです。

【適用病害虫の範囲または使用方法の変更の内容】
  • 作物名『なす』に病害虫名『チャノホコリダニ』を追加する。
  • 作物名『トマト・ミニトマト』に病害虫名『トマトサビダニ』を追加する。
  • 作物名『りんご』を追加する。

【適用病害虫名及び使用方法】

suncrystal20100721app.gif
↑クリックで拡大します。(別ウィンド表示)
※従来の作物名「野菜類」が「野菜類(なす・トマト・ミニトマトを除く)」に変更

元々、トマトサビダニやチャノホコリダニには効果が高いことが確認されていましたが、やっと適用拡大となりました。
特にトマトサビダニに対しては、サビダニのヒゲの部位に付着すると動けなくなって死滅するようです。
マルハナバチの利用やIPMの普及で、サビダニに効果のある薬剤の使用が少なくなることもあり、圃場によっては多発傾向にあったところもありました。

コナジラミ類に対する効果は、管理人はこれまで成虫にかかればパラパラ落ちるものと認識していましたが、成虫に対する効果はそこまで高くないとのこと。(サンケイ化学)
むしろ幼虫や卵に対する効果が高く、サンクリスタルを連続散布するといつの間にかコナジラミの密度が減ったという声が多く聞かれます。また、蛹にかかると羽化に異常をきたすこともあるようです。

連続散布をお勧めできるところが、安全性が高くて抵抗性がつかないサンクリスタルの特長でもあります。
加えて、トマトに対する安全性は高く、暑い時期でも薬害の事例を聞いたことはありません。
連続散布することで、コナジラミの忌避効果もあるそうです。サンクリスタルが葉面にかかっていると、コナジラミにとって環境が悪くなり寄生数や産卵数が減るとされています。

コスト的には高い部類の薬剤なので、使用する時期はトマトの株がまだ小さくて薬液量が少なくて済む生育初期をお勧めします。


サンクリスタル乳剤のお求めは
Savegreen Web Shopでどうぞ!


posted by savegreen administrator at 19:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 登録情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
しばらくは仕事なんですが
日曜日の夜に空きが出るか
調べます
ありがとうございます
Posted by 伯爵 at 2010年07月30日 13:21
>伯爵様

8月1日の海上花火大会は、18時15分〜花火セレモニー、19時30分〜打ち上げ開始です。

人が多いのでご注意を。
Posted by 管理人 at 2010年07月30日 14:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック