2010年05月28日

適用拡大のお知らせ「ボタニガードES」

今シーズンのイチゴのスリップス防除でブレイクしたボタニガードESが平成22年5月26日付で適用拡大となりました。

botani_app20100526.gif

今回の適用拡大で、トマト・ミニトマトのコナジラミ類に対する希釈倍率が500〜2000倍となり、より経済的にお使い頂くことができるようになりました。

今作のイチゴで聞かれたことは、いつもコナジラミやスリップスには悩まされるのだけれど、ボタニガードを使用していたらいつの間にか害虫がいなくなったということです。

コナジラミやスリップスに有効な薬剤はありますが、いずれも使用回数に制限があり、効果があるからと言って際限なく使えるものではありません。

有効な薬剤をいざという時のために温存し、通常の防除でボタニガードやサンクリスタル乳剤などの回数制限がない薬剤を使いたいところなのですが、使用濃度が比較的濃くあまり経済的とは言えませんでした。

そういう意味でも今回のボタニガードの希釈倍数2000倍の追加というのは魅力的です。
通常の防除にボタニガードを基幹剤として採用することができます。

全ての害虫に2000倍での登録がされるといいんですけどね。
posted by savegreen administrator at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 登録情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック