2010年02月06日

三浦日本平農園

昨年、ご縁があってビニールハウスの建設をさせて頂いた「三浦日本平農園」さんの紹介です。
清水区矢部の畑総にトラス型の500坪のハウスを新築して、園主の三浦さんが中心となって紅ほっぺを高設栽培で作っています。

三浦日本平農園全景
三浦日本平農園の全景

元々山だったところを削って平らな畑に造成した場所で、とても広々していて気持ちのいい場所です。
三浦日本平農園から見た富士山
畑から見た清水の街と富士山

晴れた日には富士山が綺麗に見れます。
富士山アップ
富士山どアップ!

年末には農園の看板を知り合いに作ってもらいプレゼントしました。
三浦日本平農園

看板はトチノキで出きています。
イチゴ農園と言うことでイチゴ日本一の栃木県にあやかるようにという意味を込めて、またトチノキは実がとても沢山付くことから豊作を願って、加えてトチノキは直径数メートルもの巨木に育つことから農園が大きく成長するようにという意味を込めて、最後にもう一つ、パリのシャンゼリゼ通りの街路樹のセイヨウトチノキが市民から愛されていると言うことで、お客様から愛される農園になるようにという、たくさんの願いを込めてお渡ししました。

ちょっと欲張りすぎ?あせあせ(飛び散る汗)


posted by savegreen administrator at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 清水よいとこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。