2009年01月18日

1/8高設イチゴハウスへのきつつき君設置

新年になったばかりの1月8日に高設栽培のイチゴハウスにボトキラーダクト投入機の「きつつき君」を設置したので、その様子をご紹介します。

mitsubishi暖房機

今回は三菱社製の暖房機です。
前回のネポン社製暖房機とは接続方法が違います。

きつつき君接続その他暖房機

ネポン社製暖房機ではファン出力端子にきつつき君の青端子(ファン入力)を、周辺機器電源端子にきつつき君の赤端子(電源)を接続しましたが、今回の三菱社製暖房機の場合はブレーカーにきつつき君のコードを接続します。

1.暖房機のファンを手動で回すとスイッチが入るブレーカーにきつつき君のコードを接続します。

2.そのブレーカー13番、14番端子にきつつき君のファン入力コード(青)をつなぎます。

3.続けて同じブレーカーの1番、3番端子に、きつつき君の電源コード(赤)を接続して完了。


きつつき君制御盤

電源を入れると待機中の表示。
これで暖房機が自動運転すると、きつつき君も投入を始めます。


今回は高設栽培のイチゴということで、ベンチ下のダクトにきつつき君の投入機を設置しました。
日常の作業にも邪魔にならずいい感じです。

きつつき君投入機イチゴ高設

イチゴのうどんこ病防除には硫黄のくん煙が広く使われていますが、硫黄くん煙はポリなどの被服資材を傷めて寿命を短くしてしまう弊害が指摘されています。

ボトキラーのダクト内投入は、被服資材を傷めることなくうどんこ病の予防が可能です。
暖房機が稼動する前から、手動でファンのみを回してボトキラーを散布することで各種病害の予防が手軽にできるダクト散布は、理想的な病害の予防法と言えます。


posted by savegreen administrator at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック