2016年03月10日

サフオイル乳剤の混用事例集を掲載しました。

ハダニなどの成虫のみならず、卵にも効果が高いサフオイル乳剤ですが、サフラワー油と綿実油が主成分の97%を占めるということで混用はあまりできないのではないか?と思っていました。

このたびOATアグリオさんから混用事例集の提供を受けたので、さっそく商品ページに掲載しました。


こちらからも

今のところ薬害面で問題のありそうなのが、オーソサイド、ジーファイン、ハーモメイト、モレスタンあたりで、収穫期のイチゴの防除には問題が無さそうです。
ただ、トマトで大丈夫だからイチゴでもOKというわけではなく、例えばベルクートはトマトでOKとなっていますが、イチゴでは薬害面での検証が必要とのことでした。

事例集でOKなので必ず薬害などがないことを保証するものでもありませんので、混用には細心の注意を払って下さい。

そして、調製後散布時には攪拌機を必ず使用すること、一般的な展着剤を加用すること、速やかに散布してなるべく早く乾燥させることが大切です。


posted by savegreen administrator at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 病害虫防除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。